スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケット展望20120911

【先週の見通しの検証】

 マーケット展望20120904 先週のマーケット展望で予想していた流れとちょっと違うような、だいたいあってるような微妙な展開ですね。 それなりに オバマ大統領の雇用対策は増額もあったりで評価もされていだろうし、期待もあってリスクテイク方向に買われた部分もあったのですが... マーケットはむしろ欧州信用問題 ギリシャデフォルト懸念 噂の範疇ですけどね...デフォルトは前々から言われていて...いつかは?って感じで避けられない気がしてます。 むしろそれに伴う金融関連の混乱がどの程度までいくのか?の見極めが必要かもですね。

①ダウが10,992.13ポイント-303.68 (2.69%) 11000ポイント割れとなりました。
②ドルが買われて 米10年債利回りが1.92%まで低下
③ドルインデックスが 77.19まで上昇(他通貨に対してのドル買い)200MAの位置が76.22で上方にブレイクしてます。
④S&Pボラティリティ指数は38.52と高い位置にはあるけど恐怖目安の40は超えてはいないが P&Fの下値目処の31を下方にブレイクするまでは注意は必要。

個人的には 来週に下げ始めると思っていたのですけど...けっこう早く下げた印象です。NYタイムをみているとすごい勢いのある下げにも感じましたが、週末のG7の牽制もあってか、引けにかけてショートは買い戻された感じもします。


【気になる来週のスケジュール等】

米系指標では 14日の小売売り上げ 15日の週計の新規失業保険申請件数 16日のミシガン大の消費者信頼感指数 かなと... オセアニアは 月曜日にオーストラリアの貿易収支(あまり影響ないかも) 15日にNZのオフィシャルキャッシュレートです。 来週はむしろ欧州問題が意識される週になるのか?ギリシャ問題の火消し的な週となるのか?注意して見ていきたいですね。 月曜日の週末のNYダウが安かった反応のアジアマーケットの感じの見極め(月曜日の夕方くらいまで)は重要かと思います。  来週よりむしろ再来週のFOMC(21日の水曜日)が注目かな?と思ってます。ここで QE3的な発表をするのか?どうか? マーケットはそれを期待して上げ転換を予めするのか?どうか?ですね。


【来週のトレード方針】

現状持ち越している クロス円ロング&オセアニアストレートのロングは 持ち越し予定で ユーロ売りに対してのヘッジとして使います。※もちろん持ち上がる場合はケースバイケースでクロス円ロングは利食いでクローズしますが...イメージとしては ユーロ円の戻り売り、オセアニア通貨の押し目買いです。 結局先週と同じなのですが... あげたところのユーロをコツコツ売っていてなんとか負けずに済んでいるのも実情です。 なんとなくですが...すでに米系勢、欧州勢は ストレートを中心にロングポジは切らされていて 新規のショート構築に入った?感じがしなくもないです。 逃げ遅れてるとすれば本邦勢の円買いですが...微妙なのは ドル買いの方向だと ドル円は微妙に下げない状況だったりします。 現状 ユーロ円は別ですが クロス円(とくにオージー円、NZ円)の ダウの下げ幅の感じからして、押しは深くなってないです。

今週は週末に下げましたが、来週は 再来週のFOMCを睨んで週末に上げるような気がしてます。ただし週全般としては金融マーケット不安的な 下げがくるかもですね。とくに NYマーケットでの下げが一番こわいかな?と思います。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

マーケット展望20120904

【先週の気になった相場環境&動向】

まずは先週末の米雇用統計が予想どおり(?)悪かったことを受け 米ダウがかなり下げました。予想していた各社のハードルが高かったこともあり、まぁ~わかるのですが...実際のところは週初から 期待感のあったドル売りの利益確定の売りといったフロー的要素のほうが強かったかもです。 ①雇用統計は悪かった  先週もうひとつ気になった動きとしては ②ブラジルの2年ぶりの利下げです。 政策金利12.5%→12.0% と0.5%の利下げです。 他新興国への影響はある??と思ったほうが良い展開がきそうです。特に中国への影響。※ただし利下げすると景気が減速→景気回復となり株価が上昇する可能性もあるので注意です。 中国が利下げをする→中国(上海市場)のこれまで利上げによって低迷してきた株価が上昇するかも(?)→中国の景気が回復すると資源が買われて オーストラリアが潤う(?)という展開になるのか??


【来週の気になるスケジュール】

①オバマ演説が最大の関心事 4日(月)は米マーケットはレイバーデイでお休みなんですけど...ちょっとまってください。、「労働者の日」なわけですから 雇用統計が出たばかりで雇用対策を打つかもしれないと噂されてる現状としては...なんらかの大統領声明とか早めに出す可能性も否定は出来ないので注意です。 9日(金)に予定されているオバマ演説だとは思いますけど(笑) 7日(東京時間8日早朝)のベージュブックはそれなりに注目です。 ②あとはオーストラリアのスケジュールが多いです。 RBAキャッシュターゲット6日 豪第二四半期GDP7日 豪失業率8日 と3日連続で 東京時間の午前中はそれなりに 豪ドルの動きに振られそうです。 ③ECB政策金利発表が8日(木)にあります。

来週もそれなりに日々 為替相場を動かす材料としては十分なイベントが盛り沢山です。


続きを読む

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドル円マーケット展望20110508

ドル円日足20110509


雇用統計を通過しての翌週になりますが...ダウは粘り腰かな...ユーロ圏問題がどんな感じでマーケットの空気に影響を及ぼすのか?注意をしている必要がありそうです。商品相場も大きく下げているのが従来の流れからスパイクして変化したのでは?と思ってます。 個人的には当初の流れのように...少なくても5月中旬までの下落(株価軟調)を予想。ドル円、クロス円は下落を想定してます。

来週のドル円予想レンジ【81.60 - 78.60】
ユーロドル下落の流れでドル買い⇒ドル円にとっては上方圧力がかかるとは思いますが...単純に上げるとは想定がしずらいです。※ただし80-84レンジの下限の可能性もある 株価が持ちこたえられるのか?がカギとなりそうです。 このまま株価が底堅い感じでユーロドルが売られるとすると ドル円は上がることにはなります...けどって感じです。

個人的には5月中旬~下旬に向けて N225は少なくても9200-9000割れまでの下げを想定していて...従ってクロス円下落 ドル円下落を予想してます。そろそろ反発があってももちろん良いタイミングではあるので テクニカル主導で...反発にくるのか?それとも ファンダメンタル優先で下落なのか? そんな読みです。


ドル円チャートの日足的には..........ストキャスティックスが反発気味です。これを単純に見ると売られすぎからの自立反発局面に入った??買いでいいんじゃなのか?って感じにも見えます。4/4が直近の高値なので日柄的にも十分ですけど... 株価下落で79ミドルを下抜けるとちょっと下押しが拡大しそうでもあります。したがってオシレーター系は上昇しそうでドル円は突っ込むみたいな ダイバージェンスに入るかな??と思ってます。

ドル円マーケット展望20110501

ドル円日足20110501

いよいよ2011年も5月に入りました。今年も4ヶ月経過...みなさんの成績はいかがでしょうか? 私は厄年が去ったこともあり 今年は比較的安定してトレードができてます。 ガラ(3/17)にロングホールドで捕まっていなかったのがイチバンの勝因だと思いますけど...マーケットの流れをみながら、世間の噂や雰囲気とは逆に!(トレンドフォローの逆張り)が功を奏してます。 後は 正直読みづらいNYタイムは捨ててます。


来週のドル円予想レンジ【82.00 - 78.80】
来週のメインのイベントはやはり 週末の米雇用統計か?(マーケットコンセンサスは8.8%?) 火曜日にRBAの政策金利発表もあったりして 豪州関連も比較的注目されるかもです。 個人的には、日本の金利と米国の金利に劇的な差が出てくるような事柄(噂でもいいのですが)がないかぎりは このあたりのレンジをうろうろする展開を予想します。 チャート的には80円を割れずに(80-85レンジ)うろうろするのが理想的ですが...80円を割って反発なのか? もしくは マーケットが介入のレベル感を試しに行くのか? 判断の難しいところ。

雇用統計まで期待で上げたとしても...つぎの週あたりに調整が入ると思ってます。※もしくは今週から下げてそのまま5月中旬に向けて下げていくと想定してます。①最大の理由は ここ数年大量発行された米国債の利払い金の円転、もしくは 償還の円転です。 ②そしてやっぱりレパトリがまだまだ続く 大きくはこの2点です。 最終的には 77-78円レベルの調整になり ダブルボトムをつけにくると思ってます。

その後 すんなり アメリカが利上げ方向に行くと良いのですが...もし利上げが今後も出来ないとなると ドル円はさらに下を試す展開になるかもしれません。 とくに IMMポジションやくりっく365のポジション動向を見ても 円売りポジはまだまだ高水準。 史上最安値を付けたときに ポジションカットされたのをもう忘れたのか?w それともあれが底だと思っているのか? 展開は去年とも似ていて...春にトップをつけて下がっていくことも十分考えられます。 IMMポジションで円ロング4万枚くらいで逆張りのロングに行けば十分w 現状は逆の円ショート3万7000枚くらいです。

80円割れが即介入レベルなのか? 私は違うと思ってます。先回も80円を割れたところではなく...急激に株価が下落したところを見計らっての介入だった思います。 ダウが堅調ということもあって...N225は9000円割れには ほど遠く...株価のなんらかの急激な下げ要因でドーンときたときが介入タイミングかな?と思ってます。 従って介入期待のレベル感ので買いはイチバン危険だと 思ってます。 ※むしろ状況を重視。 ともかく 2月 5月 8月 11月の中旬には 注意が必要だと思います。なにもなければそれはそれで良しということで(笑)

皆様の武運をお祈りしております。がんばりましょう!

ドル円マーケット展望20110424

ドル円日足20110423


【イースター休暇明けの 4月27日米FOMC注目か?】

先週までストレート通貨ペアにおいて ドル安がかなり進んだ印象で...QE2による量的緩和が6月終了となる予定だけど...その後はどうなるのか?? S&Pの米債権格下げ牽制が先週ありましたが、これ以上ドルをじゃぶじゃぶにすると...ドル大暴落を引き起こしかねない事態になるかもで ①QE3はできない→株価は次第に落ちる?②いやジャブジャブにしたドルを市場から引き上げてすぐに緊縮に向かうわけではないのでゆるやかに株価は堅調に伸びる?

ドル円相場では...ドルが利上げ体制に入れば 明らかにドル円上昇方向。もしくはなんらかの更なる円売り圧力がかかれば ドル円上昇となると思いますが... 先週は82円を割り込んで引けています。オシレーター系ではそろそろ反転上昇してもおかしくない 位置ですが... うーんどうでしょ 80円割れまでくるのか?(個人的には80円割れても 日経平均で9000割れとかないかぎり介入はないと思ってますけどw)

基本的には震災がらみのレパトリによる円転がここ3ヶ月くらいジワジワとドル円の上値を抑えて下げの要因となると思います。 もし上げるとすると”格付け機関による日本国債の格下げ”とかあれば ドル円上昇!(円安)となるかな?って思ってます。その場合はサプライズとして... それ以外では IMMポジションをみても 円ショートは積みあがっているので...円ロング方向への更なる調整(ドル安方向)を予想します。

来週のドル円予想レンジ【82.50 - 79.80】

ただ81円Lowには ボリンジャー-2があって このあたりから下は 逆張りのロングが有効かもしれないので下ヒゲ狙いの買いを入れるのもいいかもですね。株価下落を想定できればクロスが落ちてきていれば クロス円の買いも有効かもしれません。
プロフィール

J trader

Author:J trader

ドル円は 1日の値幅があまりなく 日本人からすると魅力のない通貨ペアかもしれません。ですが他通貨ペアに比べると 逆にある程度リスクも限定されると思うし 身近に情報も多いので 比較的理解しやすいと思ってます。テクニカル&ファンダメンタルをバランス良く 一攫千金を目指すのではく 手堅く積み上げていけると良いなと思ってます。

最近は 売りも買いもクロス円のトレードが中心となってます。すみません。

※(注)私の相場予想などを信じて投資(投機)をする人などいらっしゃらないと思いますが、私自身、予想は自分がポジション取りする為の考えの整理をするためにしております。 そして実は無意味だとも思っております。 投資はご自身の判断により行ってください。

Links
相互リンク
リーマンさんのブログ
トレード環境構築ブログ
Yahoo USA
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。